paradoxriderの日記

バイクや車、カメラなどのことに触れていきたいと思います

桜、まだあるかな? 2024/4/13

つい先日まで「桜!、さくら!」と大騒ぎしていながら、散り始めるともう知らんぷり。いやいや、まだ頑張っている桜もあるかもしれないじゃないですか。ということで1年の終わりの名残を探しに行くことにしました。そうすることで楽しかった昨年に踏ん切りをつけることができればいいな・・・。

そうでもしなきゃ今の新しい職場でのしんどさを紛らわせられないのでね・・・

 

 

ではその模様をどうぞ。

 

 

4/13

 

5 時起床。昨晩は疲れていて早く寝てしまったからだろう。体が疲れているのなら寝るだけで直るが、とにかく気が張っていて精神的に疲れているので、睡眠だけでは復活できない。疲れる原因となることから一時的にでも目を背けることが必要だ。ということで、ワタシの場合はツーリングだろうな。今日の予想最高気温は 22 ℃。もうこれはバイクで行けという指令が出たようなもの。

 

上は T シャツ+トライアンフジャケット(インナ-無)、下は 23 oz ジーンズ。20 ℃ 前後の気温でこの服装はどうだろうか。 GW ツーリングの参考にしよう。それにしても2 回行けたはずのツ-リングが 1 回になってしまったのは惜しい。こういうことがあるから転勤はイヤだったんだよなあ・・・

 

 

さて、ゴゾゴゾしていたので出発は 7 時半になった。

ゴメンねぇ、洗車しないままで・・・

 

今回の目的は「桜」を見ること。大部分は散っているのは覚悟の上だが、その分、違う「桜」が咲く頃でもある。もしかしたら両方ともみられるんじゃないかと期待しての今回のツーリング。さあ、どうだろうか???

 

 

 

いつもの道を走るが、この時間帯は土曜日とはいえ交通量は多い。まして 4 月ということで初心者が通勤を始めるので、幹線道路の流れがいつもとは違う。慣れない人が走ると車線の替え時や加速のタイミングが交通の流れと違うので、危なっかしい運転に見える。そんな車からボディアタックをもらわないよう、注意して走ろう。

 

空港のそばを通り R377、R193 と走り継ぐのはいつもと同じ。今回は途中から脇道に入り讃岐山脈の中を走る。山なので桜がまだ咲いてるかなーという淡い期待があったのだが・・・

終了間際

 

と、御覧の通り。ただ途中にこんな景色があり、

もう次の桜がちょっと咲いてるな

そうか、もう 5 月の準備か

もう一つの「桜」には期待ができるかも。

 

 

しばらく走ると目的地「広棚 花の里」に到着。

駐車場より

 

ここはシーズンになると、駐車場からあふれた車がずらりと道に並ぶほどの見物客が来る。まだ案内板も出ておらず車が数台程度しか来ていないのでゆっくり見られるな。と思ったら、昨年で桜祭りは終了したらしい。どおりで・・・。管理されている方が高齢になったため維持管理が難しくなったというのがその理由だ。高齢化の波には逆らえないのかな。仕方がないことなんだけど、なんかもったいないなあ。

入口 ちなみに「花の里」は他の地域にもある

後ろ側にはこんなものが どおりで桜がきれいなわけだ

一面が芝桜に覆われるのはまだもうちょっと先かも その時は道も人で覆われるだろう

黄梅の香りがお出迎え こんな浮遊感のある香り、いいねぇ

いや、じゅうぶんキレイです

ちょっと上に上がった場所も見どころ こいのぼりは健在だった

 

イベントは無いのでカフェは営業しておらず、トイレもない。ちょっと不便ではあるが、たくさんの人が来て急かされるように回るより、今日みたいにぶらぶら歩いて花の色と香りをじっくり楽しめるほうがいい。来週は一眼レフを持ってこようかな。でも手入れができないのなら来年はこんな素敵な景色は見られないかもしれないな。

 

 

1 時間弱過ごしてから来た道を戻る。

途中にあった桜 狂い咲きの様相 ちょっと怖かった

 


月刊ラ-メンで王王軒を目指すため。いつもはその前にお宝ショップに寄っていたが、今回は時間がないので直行する。やった、20 分前に着いた、と喜んだものの先客は 3 名。残念、トップは取れなかったか。

 

一人は高知から来た BMW-GS 乗りの紳士。穏やかな感じの紳士だったが、話しているとこの GS はワタシの県のディ-ラ-で買うつもりだったが、あまりの態度のいい加減さに呆れて愛媛で買ったという。もしかして、と思いディ-ラ-名を聞くと・・・やっぱりあそこだった。

 

paradoxrider.hatenablog.com

 

まったく、ヨソの県の方にもご迷惑をかけてしまうとは。殿様商売、やりたい放題だな。それでも売れるんだ?田舎バンザイだ。

 

 

さて、開店。ブレることないワタシはいつものを。

肉玉大+めし大

店の前の自販機にはつけ麺があったのだが、あれは店内メニュ-にはないな。専用品なのか? 確かにあの厨房の広さでは複数メニュ-の提供は難しいだろうな。

 

 

BMW-GS 氏に挨拶をして、次の目的地に向かう。ま、いつものお宝ショップだけどね。今回は ¥300 の割引券があるのでちょっとうれしい。フィギュア価格の変動が大きいのでね。けいおんが爆上がりしているかと思えば「推しの子」「ウマ娘は低値安定、「リゼロ」は降下中、初音ミクは変わらず、といったところか。以前はアニメ人気の程度や顔やポージングの出来で大体の相場を予測できたのだが、今は意味不明に価格が上下する。一時的な売買をする転売ヤ-のせいだろう。そんな流れに乗らないワタシ、高見の見物。

今のところこのシリ-ズ、これでコンプ!


もう一軒寄るが、ボウズ。なので今日はもう帰ろう。

 

 

といってもただ帰るのではつまらないし、GT も納得しないだろう。なのでムダに遠回りをしてみる。K14、K12 を西進し、脇町から K252 に乗る。

交通量、ゼロ


この道は朝寄った広棚に続く道だが、山中の桜をもう少し探したかったので行ってみることにした。で結果は

ちょっとだけ残っていた

ということだった。でもこれだけ見られれば十分だ。あとは山中路を楽しもう。

讃岐山脈の山間

「阿讃を拓く」の石碑 花見ポイントなのに人はおらず

 

この後、k106、R193 を経由して帰宅。

 

 

本日の走行距離:214.1km

下道だけなのにイイ燃費 アタリがついたのか?

 

 

「冬の終わり」と「春の初め」の両方を楽しむことができました。目(花の色)と鼻(花の香)、舌(ラーメン)が喜んだツーリングでした。

 

 

ではまた。あ、次は東京旅行最終回の予定です。

恒例、春の東京行き 2024/3/25

しばらく間が空いてしまいました。 先月末の話なのでタイムリーではありませんが、今年度末の花見計画の参考にでもしていただければと思います。

 

 

3/25

 

5:00 起床。今日は吉祥寺へ行ってみる。ここも桜の名所。昨年は上野が満開なのにここはかなり散っていた。ということは早く咲くのかもしれないぞ?

 

6 時前にホテルを出て京浜東北線で品川、山手線で新宿、総武線で吉祥寺というルート。通勤ラッシュ前だし春休み中で通学の生徒がいないということで、座って移動できた。初めは羽田空港まで行きそこからバスという手段も考えたが、ここは倹約、JR 東日本のお世話になった。

 

吉祥寺に着いたのは 7 時過ぎ。桜も咲いていないので、井の頭公園は人が少なめ。残念ながらここもまだだった。開花宣言は昨日出るはずだったのに、結局それもハズレ。かなり遅れるらしい。なので割りきって桜開花直前の写真を撮ることにする。普通はそんなことはしないので、これはこれでレア。

駅側からの入り口 当然桜はナシ

満開 2 週間前の井の頭公園

 

 

2 時間ほど滞在して総武線で東京駅へ。

東京駅 こちらから出たのは久しぶり


次はよそんちへ行ってみることにする。駅を降りて強く降る雨の中、ひたすら歩く。始めてお伺いするので手土産でもと思ったのだが、家の中に入るわけじゃないし気を使わせてもいけないので、手ぶらでいいかな。

豪雨レベル

 

大きな家なので、幹線道路から入っても家までの間に仮設トイレがある。その先には手荷物検査場が。これほどの家ともなると、さすがセキュリティには手抜きがない。

広っ!

手荷物検査ではなぜか緊張する

 

いよいよ門をくぐる。坂下門だ。立派な作りで頑丈そう。旧家の門だけのことはあるな。

城門そのもの


ここから乾通りを歩き乾門まで行くのが今回の「お宅訪問」だ、皇居の。

通りにあった立て看板 こんな天気でも沢山の人が来るらしい

 

春季皇居乾通り一般公開に参加したというわけ。平日の午後で雨が強く降っている割にはたくさんの人がいた。通りを一本歩いただけだがそこそこの距離だった。桜が咲いていて晴れていればさぞや綺麗だったろう。皇居に入るのは初めてだったのでついキョロキョロしてしまったが、同じようにしている外国人の姿も多く、「日本まで来てこんなん見て何が面白いのか?」と思いかけた。しかし、自分もイギリスではバッキンガム宮殿を見に行ったことを思い出し、優しい眼差しで彼等を見るようになった。

宮内庁庁舎

この先が宮殿

乾通り沿いの各所



乾門から出て千鳥ヶ淵にむかう。

乾門

 

この道は初体験だ。降り続く雨の中、知らない道を歩くのは気持ちいい。知ってる道だと到着予定時刻がわかるので気があせってしまうことがあるから。

雨の中、初めての道をブラブラと


今回はスムーズに事が進み、戦没者墓園でお参りをした後、

安らかに(祈)

千鳥ヶ淵緑道を散策。

満開 2 週間前の千鳥ヶ淵 昨年のブログと比べていただきたい

 

桜のない時に歩いたのは始めてだったので新鮮だったし、人が少ないため歩きやすい。

というか、人流はほぼゼロ

なので道端の花を撮る余裕も

 

満開時には GW の竹下通りのようになるからな。この道を通勤通学路にしている人も多いだろう。こんな道を普段使いできるなんて、ちょっと羨ましい。

 

北の丸公園へ行く。途中の日本武道館周辺は大混雑。日大の卒業式だった。マンモス校だけあって、交代制なのだろうか、入る人、出る人、待つ人で道があふれていた。警備員がメガホンで叫んでいたが、あの人数では声は届かないだろう。ご苦労さま。

咲いている桜の花の数より多いのは確か


ここも桜なし。東屋で雨をしのぎながら開花目前の桜を眺めるにとどまった。30 分ほど過ごして撤収。

九段下駅近く あーあ、桜、とうとう無かったな

 

 

12 時を回ったので次へ行く。お決まりの秋葉原へ。

この時は幻日のヨハネ推し

ラジオ会館前は安定の混雑

 

まずは昼食だ。萬里へ行くのもお約束。今日は B で。

ここはエネルギー補充ポイント

 

 

では巡回開始。春休みだからか、平日なのに人多い。外国人が 3 割くらいで、欧米系が目立つ。彼らは中韓の観光客と違い通せんぼをしないので、店内は割と歩きやすい。大声を出しているのはアジア系が多い。お国柄の違いだろうが、これだけ傾向が分かれると偏見が生まれても仕方ないのかも。

スクエニカフェの行列は半分が外国人

 

ただし彼ら外国人には共通点があり、それは

フィギュアに興味津々

ということだ。ショーケースに顔を近づけ食い入るように見ている。一人の白人男性がキワドイ姿のフィギュアをかぶりつきで見ていると、恋人らしき女性に耳を引っ張られ連れて行かれるという微笑ましいシーンもあった。

 

でもそんなフィギュアを買っている姿はほとんど見た事がない。売れているのはドラゴンボールとかワンピースなどの海外でも人気のある作品の物のようだ。「萌え系」のフィギュアは低年齢に見えていろいろとヤバいのかもしれない。

 

また、プラモデルには興味がないようだ。趣味としてはマイナーなのかも。そりゃわざわざ小さい部品を自分で組み立てて色を塗るよりも、出来上がっているものを買った方が楽だし間違い無いからな。

 

 

高くなってしまったフィギュアは見るに留め、同人誌 12 冊(全て「艦これ」)ゲット。年度末は掘り出し物が多くて嬉しい。

大漁である

ついでに艦これトートバッグも

 

 

今日は朝食抜きでかなり歩いたので、萬里のご飯大盛りでもまたすぐ腹が減ってきた。じゃあまたあそこだな。カロリー消費のため徒歩で御徒町へ。とんかつ まんぷくは閉まっていたのでみなとやへ。15 時過ぎなのに人がたくさん。なぜ?雨なのでたこ焼き客が屋根のある所で食べられる丼組の仲間入りをしたのか?

何度食べても飽きない

 

ついでに上野に新しくできたらしんばんに寄る。品揃えの面ではまだまだ発展途上だ。今後の発展に期待しよう。

エキナカでは一足先に桜が満開

 

宿に戻る。夜になってワタシの転勤を知った知人から励ましの電話があった。

 

話し終わって落ち込みが少し解消されたためか、寝落ちして本日終了。

 

 

本日の歩行距離:19.4 km

 

 

本日の振り返り

 

上野に続き、井の頭公園千鳥ヶ淵も桜はありませんでしたが、そこそこの滞在時間を過ごしました。つぼみしか見られませんでしたが、それを見て咲いた姿を想像するのも楽しかったです。ちょうど日大の卒業生を見るみたいに。まるで新しい環境に入る自分を見るみたいに。

 

秋葉原でフィギュアを買わなくなって久しいです。ですが面白いものが見られることもあり、行かずにいられません。今回はコレです。興味がありましたらぜひお買い上げを。

へー、食べ物も売ってるんだ・・・

・・・え” ? リボルティック?! 海洋堂、なんでもアリだな



知人からの電話は、ワタシの人事異動を知り心配してくれるのと同時に笑い飛ばして元気づけてくれるものでした。ぐずぐず言っているワタシにスパンと「それはアンタの考え過ぎ!」と言ってくれました。自分でも少しそう思っていたところを他人から断定的に言われると楽になるものです。

口は悪いけれどズバリ言ってくれたり、要所要所でピンポイントでアドバイスをくれたことでこれまでも何度か助けられたことがあります。今回も心にへばり付いた不安や憤りが何割か剥がれた気がしました。おかげで元気が上向きになりました。もう感謝の言葉しかありません。今回も助けられたようです。

 

今日は来年度からの自分への切り替え作業の日だったような気がします。

 

 

では。

久しぶりの弾丸ツーリング 2024/4/6

年度が始まり仕事が回り出しました。10 年近くその部署を離れていたので浦島太郎状態になっています。うっすらとではありますが当時の仕事を思い出してきたのですが、用語ややり方、職場環境が変わってしまっているので以前のやり方が通用するはずもなく、新規採用の人間のように振舞っています。そのためストレスが徐々に危険水位に。その解消にはやはりツーリングですね!

 

もともと 4/6-7 は伊勢・熊野に行く予定でしたが

天気予報では 7 日は雨

翌日から仕事が本格始動

ということで、大事をとってツーリングはキャンセルしておとなしく過ごそう・・・。

 

と思う反面、だらだらと休みを過ごすほうが気分が低迷するんじゃないかと思い、どこへ行くか再考しました。その時です、ワタシのゴーストが囁いたのは。

 

「そんな気分の時こそ神頼みだろう?アマテラスにご挨拶に行けよ」、と。

 

 

「いやいや宿もキャンセルしたし」

「日帰りでいいじゃん?」

「ほう?」

 

そういえば静岡までは日帰りで行ったこともあったっけ。行けないこともないかな?もし疲れ切っても日曜は休めるし、大丈夫だろう、ね?

 

行くか。

 

以下、ツーレポをどうぞ。

 

 

4/6

 

ということで、金曜日は勤務を済ませて早々に退出。今日は歓送迎会だったが、もとより旅行の予定だったので申し訳ないが不参加とさせてもらった。転勤早々の不義理なのはしょうがないかな、だって転勤決定の前に決めていたことだし。

 

自宅で仮眠をとってから 11 時半ごろ着替え。上はワークシャツ+トライアンフのスリ-シ-ズンジャケット(インナ-付)、下は 23 oz ジ-ンズ+オーバ-パンツという出で立ち。日の出までは寒いだろうからな。気温が上がってきたら余分になった服はトップケ-スに収納だ。

 

と、その前に天気予報っと。どれどれ・・・

 

伊勢市の降水確率、60 %、 だと・・・?

 

いかん、これは車だな。と決めた瞬間、ほっとした自分とそう思った自分にがっかりする自分がいた。車でお出かけ用の服に着替える間、ずっと

転勤が決まって気分が落ち込んでいるとはいえ、こうやってすぐ逃げるのが習慣になってしまうと今後の生活にはマイナスなのではないか?

と考えていた。

 

念のためもう一度天気予報を調べてみる。今度は時間帯も見てみよう。どれどれ・・・

 

雨が降るのは 18 時以降。途中にある県も同じ。他の時間帯は 20 %

 

よ-し、バイクで行くかあ!!!

 

降られたらその時はその時。カッパを持って行けばいいだけの話だ。雨ごときで何をビビっている?気分の落ち込みで、ちょっとした気がかりなことにも過剰反応しているようだ。

 

再びバイク用の装束に身を固め、0 時過ぎに出発。

深夜なので始動即発進 暖機は走りながら

 

瀬戸大橋に乗り山陽道新名神名神と走る。通常の土曜日なので混雑もなし。まずは体を慣らすため、クルコン入れて制限速度走行。景色も見えないので淡々とした走行をして体力を温存しよう。

 

この間、今回の転勤はなぜこんなにも嫌なのかをずーっと考えていた。夜にバイクに乗っていると、暗いしエンジン音しか聞こえないので視覚や聴覚からの邪魔が入らず、さらに集中力が増しているので考え事をするにはもってこいだ。とりあえずの結論と今後の気の持ち方がわかってきたところで草津 PA に到着。東へ向いていくときの給油ポイントだ。GS の会員にもなっているし。

高速巡行ではイイ燃費

給油後

 

さあ、出発だというときにクレジットカ-ドがないことに気付く。いや、さっき支払いで使ったばかりなのに。ポケットやバッグ中を何度も探すが見当たらず。10 分以上たっても見つからないので給油したスタンドに戻ると、なんと地面に落ちてた。ワタシの後には客が来なかったので誰も気づかなかったのだろう。いや、よかったよかった。

 

 

さて、気を引き締めて再出発。新名神から伊勢道に入る時に目にした電光掲示板には

伊勢道 アメ 走行注意

だってさ・・・。

 

オイオイ、20 % じゃなかったのか、とレインマンのワタシが文句を言ってもムダ。まあいいや、降り始めたら合羽を着ようと思った瞬間、霧のような雨が。こんな雨、微妙なんだよなあ。走り続けるか、停まって合羽を着るかという決断が難しい。今回のワタシの選択は前者。厚着をしているしカウルの中に入ってしまえば中まで濡れることはないだろう。

 

その後、伊勢西インタ-を出るまでは降ったりやんだりの繰り返し。でも路面はずっと濡れていたから長時間降っていたんだろう。そう考えるといい時間帯に走ったのかもしれないな。

 

 

インタ-を降りたら念のためにコンビニで傘を購入し、いざ内宮へ。本来は外宮から回ることになっているのだが、この時間は豊受大神様は食事の準備で忙しいだろうから邪魔しても悪いし、人が少ないうちにゆったりと天照大神様にご挨拶したかったので順序を変えた。なに、そのぐらいで怒りはしない、だろう、な?

 

内宮には 5:30 着。無料の二輪置き場には自転車が 2 台。早朝の参拝客らしい。他にも人がちらほらといた。5 時から入れるのでひとけのない境内を散策したい人たちなのかも。

到着

おはらい町通り 開店前なので人はいない

ふむふむ

宇治橋鳥居

 

さあ、ワタシも入るか。

宇治橋から見る五十鈴川 そうか、ここも桜のシ-ズンか

宇治橋鳥居(内側)

天気が良ければなあ

五十鈴川

正宮 アマテラス様にご挨拶

ゆるゆると散策

お札

お守り 赤のは母親に

 

2 時間ほど滞在し、再び宇治橋を渡って人間界へ。せっかくだからちょっとおはらい町通りも歩いてみようか。お、赤福本店は 5 時から営業しているそうだ。行くか。

途中にいた眠そうな猫

すでに客は 10 名ほど

五十鈴川べりの席に座り、五十鈴川を見ながら赤福を頂く。

対岸は桜並木

上品な甘さ 10 個ぐらいは楽にいける

おかげ横丁も覗いて

まだ店はやってない 9 時からなら赤福ぜんざいの店が開くのだが

 

次の目的地、外宮へ向かう。ここも 二輪車の駐輪代はタダ。ありがたいなあ。

8 時くらいに着いた 駐車場はほぼ満車 バイクはワタシだけ

ほうほう

では行こう

正宮 「スミマセン、順番が逆で」

散策 最後の写真はせんぐう館

ここでもお守り ピンクのは母親に


内宮と外宮とではかなり違いがあるように思える。内宮は重厚で緊張感のある空気が漂っており、「さすがは伊勢神宮!」と思える雰囲気だ。木の存在感と迫力もあるし。それに対して外宮では清涼で静謐、しかしどことなく和らいだ空気を感じる。やはり両方とも行くべきだな。

 

 

さあ、目的は達成した。時間は 9 時過ぎ。途中で昼ご飯を食べて帰ろう。このあたりをバイクで走るのも久しぶりだし、とりあえず下道を使って名阪国道に出るか。K37を北上すると渡会橋あたりでは桜祭りが。行ってみたかったがバイクを止めるところがわからなかったので泣く泣くスル-。

対岸より

 

さらに進んでいくと R166 沿いで見つけてしまった。

寄っちゃうよねえ

 

10 時まで待ち、開店と同時に入店。商品は充実していたが、買えたのはこれだけ。

買っちゃうよねえ


さらに進み R163 に入る。この道は気に入った。まるで信州の地方道を走っているような気にさせてくれる快走路だ。大小のコーナ-が続きアップダウンもあるので、GT のようなバイクでは最高に面白い道だった。

 

 

名阪国道まで出て、針テラスで昼食をと思ったのだが、この時間に行くと絶対混んでる。なので店を変えよう。上野PA にある味のお福へ!どて焼き定食なるものがあり、大人気だそうだ。今なら・・・開店には間に合う時間だ!行くか。

 

で、開店 20 分前に着いたらすでに 20 人ほどが並んでいた。

この PA には店はこれしかない なので立ち寄る人の目的はみな同じ

バイク乗りも多数

 

開店時間数分後にゲートオ-プン。ワタシで第一陣の客席は最後。ラッキ-!

頼むのは当然これ 「どて焼き定食、中めしで!」

仕込み中?


たくさんの客だったので時間がかかりそうかとも思ったが、割と早く来た。

まず豚汁 濃くておいしい田舎味

本隊登場!

中めしの高さを見よ! でもあっさり完食できる

 

甘い味付けなので口当たりもよく。かといって甘さが口に残ることもないのでメシが進む。これは大めしでもよかったな。持ち帰りもできるので、そちらにも大行列ができていた。これ、酒のつまみにもいいんじゃないかな?

 

こんな田舎風の味付けの料理を出してくれる店って減ったよなあ。学生の頃はアパ-トの近くのメシ屋にもつ煮込み定食というのがあってよく食べていたのだが、それを思い出させてくれる一品だった。食べられてよかった。

 

 

さて、エネルギ-補給と休憩を済ませたので、本格的に帰るか。名阪国道を西進し、針テラスで給油。バイクが一杯なのを見て、ワタシの判断が正しかったことを確信した。その後、西名阪道近畿自動車道阪神高速、淡路鳴門自動車道、

室津 PA  最後の休憩ポイント


高松道を、来た時のようにクルコンをフル活用し、淡々と走って 17 時前に帰宅。なかなか充実したツ-リングだった。

 

 

今回の走行距離:808.9 km

下道も走ったのにこの燃費 5000km 超えたからか?

 

では。

年度最後のけじめ 「東京の仇を徳島で討つ」お花見ツーリング

先週末、バイクで出かけました。令和 5 年度の走り納めにするつもりでしたが特に目的もなかったので、いつものあてどないお散歩ツ-リングになるかと思っていました。

 

そんな予定のワタシに気遣ってか、とうとう桜の開花宣言が金曜日に出ました。でも満開までは一週間ぐらいかかることだし、見に行くのは来週かな・・・、あれ、来週末は予定が入っていますね、どうしましょう・・・?

 

あ、あそこならたくさん桜があるから、気の早い連中はもうイイ感じで咲いているのではないでしょうか?ダメ元で行ってみましょう。

 

ということで、行ってきました、徳島の神山町へ。ではツーレポをどうぞ。

(東京レポ-トは次回に)

 

 

3/30

 

例年より一週間遅い開花宣言が出たのが金曜日。ということは、今か今かと待ちわびていた老若男女が、ゲートオ-プンして一斉にスタ-トする競走馬のように各地へスタ-トダッシュかますのは翌日の土曜日になるだろう。実際は花がいくつか咲いているだけなので見頃には程遠いのだが、それでもけじめとして見に行きたくなる気持ちはわかる。

 

ただ、この開花宣言とはソメイヨシノのものであって、他の桜とは関係ない。であれば、「桜を見たい!」というだけならすでにガンガン咲いているものを見に行けばいいのではないか?もしかしたら周りの桜につられるように、つい咲いてしまったソメイヨシノもいるかもしれないし。

 

となれば、桜の名所である神山町が目的地になるのは当然の流れ。ここは町内のあちこちに桜があるので、町全体が桜の名所なのだ。それだけに訪れる人も多く、町内の道の駅は 10 時を過ぎると満車になって入れなくなることも珍しくない。

 

ということで、いつもより 1時間早く出発。気温が上がるらしいのでワークマンの 360° リフレクトと GOLDWIN のオーバ-パンツはお休み。代わりに

上:ワークシャツ+Triumph ジャケット(インナ-付)

下:児島ジ-ンズ 23oz

という出で立ち。もうトライアンフに乗っていないのでこのジャケットを着るのはどうかとも思うのだが、出来が良いので使い続けるつもり。まあ地味なので誰も気づかないだろう。ジーンズはようやく 23 oz のがデビュ-。糊を落としていないが実用には問題ないのでそのまま使う。

 

 

いつものように解錠、空気圧点検、撮影という一連の出発の儀を済ませ

かっこいいなあ・・・ でもなぜこの色が廃番に?

発進!

 

 

まだ朝早いので交通量は少な目。でも年度末・月末なのでパンダさんたちの行動は活発になっているはず。もうこれ以上の点数を献上するわけにはいかない。今後の楽しいツ-リングのためには一時の快楽に身をゆだねてはならない。他の車の流れに埋没するように走る。

 

今まで何度も言っているが、この GT は低速域でも粘るエンジンなので遅い車の後についてもあまりストレスを感じない。この特性はツーリング時、とりわけ見知らぬ街を走る時にはとても助かる。旅先での走行中にイライラするのは思った以上に危険なので。

 

 

R11 から R193、土柱脇を走る県道を東へ。この道はいつ走っても気持ちいい。並行して走る K12 は幹線道路なので面白みに欠けるが、こちらはゆるいカーブが続くワインディング。アップダウンも適度にあるので退屈しない。でも作業車や自家用車も多く走っているので、高いギアを使って流して走る方が楽しいし安全だと思う。

途中にあった桜 これならこの先は期待できる

 

 

その後 R318、K20 と走り南下。神山町に入るとすぐに桜並木が始まる。もうすでにかなり咲いており、多くの人がカメラを構えて撮影にいそしんでいた。

神山町に入ってすぐ、桜がお出迎え

 

R439 に入り西へ、つまり剣山方面に行ってみる。この暖かさならもう雪はないのではないかと思って。途中にも咲いている桜がいくつかあり

神山町には枝垂桜が多い 見事!

目を奪われる。交通量が少ないのでトロトロ走ろうが道端に停めようが問題ないので助かる。どんどん先に進むと桜もなくなり交通量もさらに少な・・・、ん?それにしても少なすぎだ。念のためネットで調べると、 3 月 31 日まで通行できないとあった。あらら、撤収だな。

 

 

R439 を東へ戻る。このあたりも枝垂桜がたくさん。

これも見事

でも引いて見ると

政党の看板が・・・ 無粋の極み


こんなところに立てると目を引くだろうが、マイナス効果になるということがわからないのだろうか?そんな人が政治家に?御冗談を(笑)。

 


道の駅 温泉の里神山へ。10 時過ぎに到着したがすでにたくさんの人。なんとか入れたが、その後すぐ満車に。あきらめて素通りする車がたくさんいた。地元の人が作っているお菓子や総菜をいくつか買う。スーパ-の方が安いのだが、こういう所でしか食べられない素人が作った家庭の味というのも捨てがたく、ついつい買い込んでしまう。ま、ケースがあるから持ち帰りが容易だからというのもあるのだが。

駐車場の桜 ビュ-ティホ-!!!

 

いつまでも駐車スペ-スをふさいでいるのも悪いな。さて、出よう。出たとたんにメータ-の温度計を見て驚く。

そうはならんやろ・・・

センサ-はエンジンの近くにあるのかな。しばらく走ると下がったのでひと安心。

 

 

腹が減ったのでご飯を食べよう。徳島市内へ行くことにする。

途中にあった桜舞台 「普通車まで通行可」?

いや、これ、無理だろ 対向車が来たらどうするの?

桜はこれで終わり 新しい年度に向けて気持ちを切り替えよう

 

 

気温はぐんぐん上がり 20 ℃ 台半ばを超えて、体感的には 6 月ぐらいになった。 次のロングツ-リングでもこのぐらいの気候になっていてほしいものだが、インナ-付のジャケットを着ている今日は風に当たっていてもかなり暑い。それなのに久しぶりに三八のラーメンが食べたくなった。行くか。・・・だが場所がわからなくなったので断念し、途中にあった店に入る。

そば専門店とは珍しい

焼きそばは大好きなので、脊椎反射で左親指がウインカ-を出した。店に入ると券売機で食券を買うのだが、セットか単品か、味付け、大きさ、トッピングなどなどをチョイスして機械を操作しなければならない。前の家族連れがやっているのを見ていたが、それはもう複雑で・・・。お父さんらしき人があきらめて順番を譲ってくれた。

 

店側とすれば人件費の面では券売機で選んでもらうのがいいのだろうが、客からすればメニュ-を開いてゆっくり選びたい。今の券売機は、一つを選ぶと他品との比較ができなくなるし、それに付随する条件のチョイスは階層を下がらなければならない。なので途中から訳が分からなくなる上に、取り消すと初めからやり直しで時間がかかってしまうという、客に厳しいシステムになっている。このアーキテクチャの進化を強く期待する。

 

ワタシの機械の扱いを見るお父さんの視線を感じつつ、無事オ-ダ-完了。内容は

・定食形式(ご飯とみそ汁、お茶付き)

・ご飯は中盛

・焼きそばは熟成キムチ焼きそば

・1.5 玉

・ソース味

・ガーリックチップをつける

というもの。まあ無難と言えば無難な構成。メニュ-を開けたならもっと冒険していただろうに。

 

で、きたのがコレ。

おいしそうである お茶は缶茶

 

実際おいしかった。さすがは専門店、チェ-ン店の中華料理屋のよりは明らかに旨い。ただ、これで ¥1450 というのはちょ-っと高いかな。昼過ぎなのに客の入りが半分というのもやむをえまい。

 

 

では腹ごなしにお宝ショップで宝探しをしようかな?

春休みに入ったので商品の出入りも活発なはず。

→ ということは店も新商品を置きたいだろうから在庫は持ちたくないはず。

→ ということは値下げをしているはず。

行くか。

 

 

・・・行ってよかった。3つゲット。

「推しの子」「青ブタ」「ウマ娘」 満足である

 

道の駅で買ったものがパニアケ-スに入っていたので、彼女たちはトップケ-スにご案内。収納力が高いとやっぱり便利だな。北海道ツ-リングではシートバッグはいらないかも。

 

 

帰りに赤男爵に寄ってオイル交換。5000 km 走ったしね。30 分くらいで完了し、費用は ¥900 。Tiger の時の方が高かったのはなぜ? GT はフルカウルなのに??

 

待っている間に「ガハハおじさん」が来ていた。店員をつかまえ大きな声で世間話をして大きな声で笑っている。以前はそういう人を見るとイラっとしていたが、最近ではあの豪放さやあっけらかんとした態度がうらやましく感じるようになってきた。気付かないうちにセルフ抑圧をしているのだろうか?ちょっと気をつけておこう。

 

 

今日は左コ-ナ-を怖く感じてバンクできなかった。でも帰宅してタイヤの接地跡を見ると左右はほぼ同じ。自分の感覚ってアテにならないんだなあ。

アマリング、広め 

 

 

本日の走行距離:288 km

満タンでなんとか 300 km は走れそうだ

 

 

次回のアップはお出かけのため 1 回休んで 4/9 になる予定です。

では。

恒例、春の東京行き 2024/3/24

明日から新しい職場です。どうも落ち着きません。とりあえずなんとか 2 年間は乗り切っていこうと思っています。

 

 

3/24

 

4 時起床。朝食は 4 時半から。朝イチで空港へ行く人への配慮らしい。早出の人間にとってはありがたいな。朝からガッツリ頂き、お代わりはカレーで〆。腹一杯になったが食べ過ぎ気味だ。

おかずの皿がでかいのはカレ-を乗せるためか?

 

 

友人との待ち合わせのため 6 時過ぎに出るはずだったのに冒険心が湧き起こり、指定されたのと違う電車で行ってみることにした。満腹のため乗り物酔いが頭をよぎったが、ミンティアの力で乗り切ろう。

泊地は蒲田インソ-シャル ここは安いが全室禁煙



蒲田駅前で喫煙。ホテルで吸えなかったので、数本を灰にしてから駅に入る。京浜東北線に乗って東京で乗り換え予定だったが、大宮まで行って高崎線にスイッチし、北本駅で友人と合流。その後は彼の車で撮影ポイントを回る。

雪をかぶった浅間山

 

いつも驚くのは、彼の知識量の多さ。地元でもないのに列車運行の向き、太陽の位置から判断して絶妙なポイントに連れて行ってくれる。さらに人が増えても撮影に支障がない場所まで指定してくれるのだ。あの能力、尋常ではないな。その恩恵を受けて、SL を 3 種撮ることができた。

 

SLレトロぐんま桐生 とっさの判断が吉と出た

秩父鉄道鉄道むすめ「桜沢みなの」10 周年記念ヘッドマ-ク付き そこまでやるか

真岡線SL運行 30 周年記念

真岡鐵道久下田駅 桜が咲いていれば絶好の撮影スポット

 

閑話休題

一つ目の SL の写真を撮る際、離れた場所から菜の花をからめた写真を撮ろうとしていたカメ爺がいた。それに気づいていない女性が爺の写線でタブレット撮影をしようとしていたら、爺は遠くから大きな声を出して場所移動を 2 回求め女性を動かせた。そのせいで私の写線に入り、横に手を伸ばして撮ろうとした。写真に彼女が入り込んだので、とっさにアングルを変えて撮ったのが一、ニ枚目の写真だ。

 

結果として不満のない写真が撮れたのでヨシ。だがこの場合、

・公道でありながら大声で移動を求めた爺

・周囲に注意を払わず写真を撮る女性

どっちがマズいのだろうね?鉄道写真を撮る人のマナー低下が問題になっていて、「言った方」が悪いのか「言われた方」に非があったのかがよく議論されるが、今日のを目の当たりにした身からすると、「どっちも」だな。

 

最近では「言った方」が一方的に悪くなる風潮にある。だからこの場合は爺が悪者なんだろう。でも実際は「言われた方」にも言われるだけの理由がある場合も多い。それなのに言われた方の非を問わない風潮にあるのはなぜだろう?

 

言われた側が自分の過ちをうやむやにすると、思い知らない、だから反省しない、だから学ばない。非常識な言動をする人が増えている理由が少しわかった気がした。

閑話休題

 

 

撮影の途中で昼食を撮る。連れて行ってくれたのはうどん屋。うどんの消費量は香川に次ぐ 2 位は埼玉だ。20 年近く前に川越でうどんを食べて以来(おいしかった!)、2 度目の体験だ。どれ、お手並み拝見といこう。

道沿いの店 駐車場が広いのは人気店の証拠か

 

埼玉、栃木、群馬って舞茸をよく食べるのか?どこのうどん屋蕎麦屋にもあるという印象なのだが。

向こう側にあるのが舞茸の天ぷら

 

で、うどんはと言うと、うまい!こんなだし汁につけて食べる習慣がないので珍しかったというのもあるが、麺の打ち方が田舎風で、これに汁がよく馴染むこと!朝に食べ過ぎたので普通盛りにしたが、大盛りで食べたかったな。明日は気をつけよう。「腹八分目」、大事。

 

 

写真を撮る合間に少し寄り道。杉山城を見に行く。城跡の造りがすごい。土地の高低差を利用しているとはいえ、城としての実用性を考慮した上での完成のイメージ通りになるように測量したり整地したりを、今のような機材がないのにやってのけたのは驚くべきことだと思う。国指定史跡になるのも納得だ。

門や危険防止の策が無いのにも驚き

 

 

埼玉と言えばらきすたは外せないので鷺宮神社に行ってみた。10 数年ほど前に来た時は駐車場には痛車がたくさんいたが、さすがに今回は 0 。らきすた熱は落ち着いたようだが、連載 20 周年で再び盛り上がるか?注目しておこう。

大きな神社で参拝者が途切れることはない

通りにはこんなものが これは最新作

 

 

その後もう一ヶ所気になっていた場所、ザ・ヒロサワ・シティへ。飛行機やバイク、列車を展示していたりゴルフ場や美術館、コンサートホールがあったりで、わけわからないところという情報で興味が湧いていた。今回近くを通ったので寄ってもらったのだが、うーん、何がしたいのかワタシもよくわからなかった。シティエリアに入るのは無料だし土産物やグッズ売り場がないので、売上の収益を求めているようには見えない。だからといって展示に手を抜いているわけではない。統一した方向性やコンセプトがあるわけでもなさそうだ。

で、メインはなんだろう?

 

なんか、社員がやりたいと言ったことに対してそれぞれに予算を与え、好きなように作らせて運営させているようなフシがある。だからだろうか、カオス感すら感じるのは。二人で首を傾げながら退出した。

 

 

行程を消化した後は北本駅まで送ってもらい、高崎線京浜東北線と乗り継いで蒲田に戻り、日高屋で夕食。この店は地元にはないので新鮮だ。昼食が少なめで腹が減っていたので、肉野菜炒め定食(ご飯大)と餃子。美味しかった。

地元にもできないかなあ

今日の夕食は肉野菜炒め餃子

 

 

コンビニで飲み物を仕入れ、ホテルに戻って喫煙所で一服。このホテルには喫煙室で予約していたのだが、「全室禁煙になったのですみませんが・・・」という連絡をもらったのが一週間前。いまさら他のホテルを予約できない(高い!)ので、諦めた。部屋でタバコを吸いながらだらだらするのが楽しみの一つだったので、それができなくなったのは残念だが、喫う本数が減るのは健康面ではプラスかな。代わりに無料ティーバッグのお茶を飲みながらだらだら。

 

 

本日の歩行距離:6.8 km

 

 

本日の振り返り

 

移動中の車内ではまずワタシの転勤のグチをひとしきり聞いてもらい、あとはそれぞれが今後の人生計画を話し合った。彼はワタシより 1 歳上なので役職定年を迎えるが、その後の身の振り方についての方向性はすでに決めている。ワタシはあと 5 年勤務する予定なので漠然としか考えていなかった。でももう考える時期なんだろうな。

 

定年後はバイクに乗る、釣りを始める、旅行に行くという人がいるが、それからではなかなか難しいのではないだろうか。収入の減少や体力の低下により、断念することが多いと聞く。なので 50 代の時から始めてトライ&エラーを経験しながらノウハウを身につけて、定年後から本腰を入れた方がいいらしい。もし今後、やりたいことができたら早めに始めてみたい。いや、それよりも収入源を探す方が先か。

 

こんなことを話したり考えたりすることができたので、今日は転勤のショックを忘れることができた。持つべきものは友人だな。助かった気分になった。

 

 

続く。

恒例、春の東京行き 2024/3/23

年度末、東京モ-タ-サイクルショ-と桜の2本立てを楽しむ旅行に行ってきました。が、その直前に驚きの人事異動が!残りの勤務年数があと5年ということでこのまま残留かなと思っていたので、異動者として名前を呼ばれた時は驚きました。

 

転勤先はかつて勤めていた職場で、当時のそこは人間関係が最悪で、管理職とは何度も怒鳴りあいの喧嘩をしていた所なのです。そのあげくに左遷のような扱いを受けて放り出しやがった所なのに、なんで今さら・・・。今の仕事も 11 年続けてようやく浸透できてきたので、業務内容が違う以前の職場に戻るなんて想像もしていませんでした。希望も出していませんでしたし。

 

もちろん当時の人たちはいなくなって環境は改善されているでしょうし、20 年以上続けてきた業務に戻るだけですので大したプレッシャ-は無いのですが、今の環境が良すぎてそこから離れることがとても辛いです。さらに仕事のスケジュ-ルが異なるので、今までのようなペ-スで旅行ができなくなるのは確実です。早速 GW の予定は変更となりました。さて、北海道ツ-リング、行けるのかなあ・・・?

 

 

3/23

 

雨の出発。転勤ショックも相まってテンションは低い。なので一つ忘れ物をした。大したものではないので問題はないが、気を引き締めておこう。

 

空港は大混雑。家族連れや若者が多く、夢の国の話で大盛り上がり。それに比べて自分は・・・とネガティヴになっている。いかん、いかん、悩んでいてもどうしようもない。この 4 日間は楽しもう。

本日の機材も 737

 

天気が悪かったためか上昇中と下降中に揺れたが、水平飛行中は穏やかなもの。しかし雲が厚くて富士山は全く見えず。残念。

さあ出発!

曇天 これから先、雲しか見えなかった



東京も雨だが、外を歩くことはあまりない予定なので気にしない。羽田空港第一ターミナルからバスで東京ビッグサイトへ。

このバスに乗るのも久しぶり


東京モーターサイクルショー
を見るためだ。渋滞もなかったので早く着きすぎ、ステージ前で座って待機するが、その間にも続々人が集まって来る。あの人たちがみんな入ってから入場しよう。

イメ-ジ画の雰囲気がいつもと違う

行列待ち中

いつもの白バイ展示

ゆるキャン△ コーナ-

 

 

10:30 に入場した。では片っ端から見ていこう。以下、写真とともにどうぞ。

こういう遊びゴゴロ、好き

ハブステアのメカメカしさには魅かれる 価格には魅かれない

ヤマハ ヘッドライトが小さいのは最近のトレンドだが・・・ 小さすぎ!

MT-10  ヤマハの中ではこれが一番好き ライポジは GSX-S1000GT より前傾

懐かしさを感じるカラ-リング ヤマハはこういうのがうまい

充電中の電動バイク

EVA カラ-

一目でカワサキとわかるデザイン

ウラル 路上では一度だけ見た

フロントのスポイラ-(?)が派手 デザインも派手

とうとう来たな、ワークマン!

児島ジ-ンズも!

ハ-レ-の教習車 イメ-ジが・・・

TT100 懐かしいなあ

バリ伝 懐かしいなあ

イタルジェット なぜ彼らのデザインはこんなにもイケてるのか

ベネリ これもいいデザインだと思う

日本一周のバイク GS なら余裕か

RK チェ-ンの鎖帷子 面白いことをするなあ

カワサキ ハイブリッドバイク ちょっと乗ってみたい

KTM 相変わらずの昆虫デザイン

ハスクバ-ナ ヴィレットピレンのデザイン、シンプルなのかアヴァンギャルドなのか

どうした、スズキ、このデザイン! やればできるじゃないかっ!

大御大ネモケン ちょっとお茶目

ちょっと舞い上がるワタシ

 

最後に、芸能人もいたショ-の華の数々。

昨年より華やかになった気がする

 

 

GT とはまだ新婚ホヤホヤで、他のバイクに執心することはないので早く見終わると思っていたが、結局会場を出たのは 14:30 。4 時間も見てしまったはずなのに、あっという間にしか感じなかったし疲れてもいない。ワタシ的にはいい展示だったと思う。

スズキのTシャツとタオル DID×エヴァのTシャツ2枚



 

バスで東京駅まで戻り

成田空港行のバス待ちは大行列

 

山手線で御徒町下車。

たくさんの人


もちろんご飯を食べるため。ダメ元でとんかつ まんぷくへ行ってみる。また閉まってるんだろうなと思って早足で歩きながら細道を覗き込ん・・・、

 

急ブレーキ!看板に電気、灯いてるじゃん!

奇跡か・・・

店内には空き席あり。これはワタシを元気づける神様の御配慮か?

 

入店し、「ロースかつ定食、ご飯大で」と元気よく注文。2 度揚げするので時間がかかるが、それを待つ時間もまた調味料だと思えば気にならない。とは言え、まだかなまだかなまだかなまだかな・・・

全制覇してみたい

 

お、来た来た。おお、相変わらずの肉厚!ではいただきまっす!

おおおおおお!

見よ、この肉の厚さ!

 

あぁぁぁぁ、美味いなぁぁぁぁぁ・・・。

 

前回はヒレかつ定食を食べて美味しかったのだが、やはり脂の旨味が肉に加わったロースがトンカツの王というのが相応しいな。ソースはキャベツに、とんかつには塩がよく合う。久しぶりのロースかつ定食、本当に美味しかった。最後の一切れを食べる時には切なく感じたほどだ。

 

支払いは普通盛りの金額だった。ご飯が少なかったので気になっていたが、やっぱりご主人、大盛りを聞き逃していたな。

 

 

外に出ると、腹が物足りなさを訴えてくる。そりゃ 20 時間以上何も食ってなかったんだからな。近所にはみなとやがある。行くか。隣のたこ焼き屋には大行列。海鮮丼屋の方は?

 

店内には空き席あり。これもワタシを元気づける神様の御配慮か?

 

いつもの特盛丼(大)を頼む。¥950 也。あれ?先月より ¥50 上がってないか? それでも豊洲の 7 分の 1 の金額。外国人から見ればおやつの値段くらいだろう。さらに店は空いている。なぜこっちに来ないんだろう?いや、混むとイヤだから来ないでくれ。大人しくインバウン丼を食っててくれ。さっきの話はなかったことにしてもらいたい。

 

とか思いながら丼をかき込む。このダイナミックさ、遠慮の無さ、旨さがこの店で食べる魅力だ。それがイヤな、お上品な方は豊洲へどうぞ。

 

うーむ、定食と丼、立て続けて完食してしまった。腹ごなしに上野公園へ行ってみよう。公園周囲には人がたくさん。もしかしたら開花宣言前にフライングで桜が満開なのか?今度は靖国に反旗を翻す気なのか?と心配になって行ってみると、ご覧の通り。

満開は 4 月になってからか

 

まだ 1 週間以上先だな、見頃になるのは。今日の桜鑑賞は終わり。では宿に向かうとしよう。京浜東北線で上野から蒲田まで。アナウンスで

"The next station is KAMATA, station number is JK seventeen"

というのが聞こえると納得してしまう。オッさん丸出しだな。

 

駅からは徒歩数分で到着。早めの予約だったからか、安めの値段でありがたい。あとは部屋で飲み食いしながら過ごす。

 

 

本日の歩行距離:11.8 km

 

 

本日の振り返り

 

モーターサイクルショーにはたくさんの 高齢者 ナイスミドルが来ていました。今年は普通な感じの人が多かったように思います。オラオラ感、ワイルド感がある人は少なく、「え?あなたバイク乗るの?」といった風体の人が増えたというのが印象です。

 

考えてみればバイクブームの時の若者は今では 60 歳前後。ということは、情熱や毒気、髪の毛が抜け始めて「普通」のオッさんオバさんにトランスフォームしたのかもしれませんね。それでもまだ「乗っている」というだけで大したものです

 

ということは、ワタシもそうなるんでしょうか?なりたい半分なりたくない半分。複雑な気分です。

 

 

バイクのデザイン、今年は外国勢が素晴らしかったです。とにかく目を惹くのです。有機的であったりメカメカしかったり、モノによっては大仰だったり。でもそれでいいと思います。趣味のモノですから、多少の無駄や非合理性があっても他人から声をかけられるような外見のモノに所有欲をそそられるのではないでしょうか?

 

それに比べると日本勢は大人しく、「無難!」と直立不動で叫んでいるようなデザインのものが多数でした。いや、わかりますよ、燃費や空力、安全安楽装備、効率を追い求めるのは。でもそちらを重視しすぎて「そこまでするか?!」「あーあ、やっちゃったな」という高揚感では外国車勢に負けているように見えました。手前味噌ですが、カタログスペックではなく見た目の問題では、スズキがかなり外国勢にタメを張れていたかな、と思います。

 

今回のMCショーでのワタシ的一位は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GSX-S1000GT

これですよ、これ!

ですが、何か?

 

 

では。

日本紀行 第29回 大阪

北海道ツーリングの宿の予約がやっと全部終わりました。コースはほぼ例年通りですのでそんなに苦労しないかと思っていたのですが、宿泊料金の高騰のため定宿の一部変更を余儀なくされたので遅くなってしまったのです。こんなご時世なので値上げはやむを得ないとしても、その上げ幅が豪快すぎるところが多い印象を受けました。

 

そんな中で比較的リーズナブルと思えるところに予約を入れたのですが、一番最後まで決まらなかったのは稚内根室です。両市とも宿が少ないからか、もともとお値段は高め。更に値上げですから都心のビジネスホテルで並みの金額になっていました。

 

これからしばらくすると安くなることもありますから、ネットでの情報収集はまだ終わりません。こうやって夏の北海道ツーリングに向けてテンションを上げていこうと思います。 GT の北海道デビューでもあるこのツーリング、楽しみでしかありません。

 

 

・・・と思っていたら重大案件が発生!体調やバイクには関係ないのですが、北海道ツーリングに暗雲ならぬ雷雲が立ちこめてきました。もし行けなくなったらどうしよう・・・。個人的にはコロナ禍以上の問題でショックを受けています。詳しくは次回のアップで!

 

 

さあ、日本紀行も西日本エリアに突入しました。そのトップバッターは泣く子も笑う大阪でございますよ。西日本一の大都市があり、良くも悪くも日本の左半分に睨みを利かせています。なので四国も大阪の支配下にあると思われていますが、ワタシの地元の県はむしろ東京寄り。エスカレーターも左に立ちますしね。

 

そう遠くない場所であるにも関わらず、ワタシも齢 30 を超えるまでは、東日本への往復途中にある、難所の通過点でしかありませんでした。それは名神高速にあった、渋滞が通常営業の梶原トンネル天王山トンネルですが、そこをバイクで走ると、充満した排気ガスを我慢する罰ゲームを受けている気分になったし、阪神高速では「突っ込んだもん勝ち」の弱肉強食の掟を思い知ることになったりと、難易度高めの土地という印象が強かったです。

 

大阪にフレンドリ-さを感じない理由がもう一つ。昔、建設業を営む曾祖母が大阪に住んでおりちょくちょく遊びに来ていました。ワタシが小さい頃はその会社も経営は順調で、彼女の羽振りのよさといったら!!!

 

来た時はいつもタクシ-で買い物に連れて行ってくれ、「欲しいもん、なんでも買うてええで」と言ってくれましたが、そんな生活に縁が無かったのでせいぜいトミカ一個をおねだりするのがいいところ。ご飯に連れて行ってくれても、「食べたいもん、なんでも頼みや」と言ってくれましたが、そんな生活に縁が無かったのでせいぜいカレ-ライスとクリ-ムソ-ダを頼むのがいいところ。きっぷのいい明治女からしてみれば「せがない(やりがいがない)」と思っていたことでしょう。今だったらどーんとバイクと車をねだるのになあ・・・。

 

そんな彼女がよく話してくれたのが仕事のことでした。当時の建設業ですから荒っぽい連中が多く、ここでは書けないような彼らとの武勇伝やライバル会社とのバトルをカレ-食ってる曾孫に笑いながら語ってくれました。スポンサ-様の話ですから一応食い付いたふりをして聞いていましたが、

大阪って怖い

と刷り込まれてしまい、大人になっても遊びに行くことを躊躇していました。

 

 

そんな大阪を目的地として行くようになったのは、仕事を始めて連続した休みが取りにくくなり「東京分」が足りなくなった時の代替地としたからです。なので初めは東京の下位互換だったのですが徐々に訪れる回数が増え、他の地域への訪問を組み合わせることでさらによく行くようになりました。

当時よく行った道頓堀極楽商店街 でもここ、短命だったなあ

 

交通手段は、初めは車やバイクでしたが、鉄道(新幹線)に変わり、今では高速バスを多用するようになりました。乗り換え無しで寝ていれば着くというのは大きな魅力です。安いですし。

 

最近の行程では 2 日間で

なんば花月+日本橋(+オプション)

と回るのがお気に入りです。やはり大阪の「笑」は素晴らしいですから、これは外せません。テレビで見てもいいのですが、劇場で感じるライブ感や熱気、舞台と客席が協力して笑いを作り上げているような一体感を知ってしまうと、映像だけでは物足りなく感じてしまいます。なので今ではワタシの中の「吉本成分」が枯渇する直前まで我慢し、ギリギリになってなんばグランド花月へ爆笑しに行くのがルーティンになりました。

 

日本橋(にっぽんばし)へ行くのは、言わずと知れた「宝探し」のためですが、最近では期待は下がっています。理由は、ダダ下がりの秋葉原よりもさらに低い意外性、これに尽きます。品揃えは東京の劣化版なのに価格は一人前で、どの店も「店舗化した転売ヤー」を目指しているみたいなので素通りすることがほとんどです。東の秋葉原、西の日本橋と言われていたころが懐かしいなあ・・・。

 

+オプションでは、奈良に行くことが多いですね。近鉄一本で行けますし近いですから。あとは博物館や美術館巡りでしょうか。以前、国立民族学博物館へ行った時は、その規模や展示数に驚きました。ゆっくり見ていると 5 時間経っていてビックリ。それも足が痛いなーと思って時計を見て気付いたので、それくらい夢中になれるところでした。

 

 

ただ、東京と違って「行ってから適当に予定を決める」ということはほとんどありません。ワタシがふらっと行ってみたくなる所は思い当たらないしショッピングには興味ないし。「ならグルメは?」と聞かれることもあります。大阪といえば「粉もん」がおいしいだろうと思われているのでしょうが、「そんなには・・・」というのが正直なところ。他県にもあのレベルの店ならたくさんありますし、特に安いわけでもないですし。なので「わざわざ大阪で?」と思ってしまうのです。あ、でも金龍ラーメンはいつも行っちゃいますねえ。特別においしいというわけでもないのですが、大阪へ行くと無性に食べたくなります。

 

 

大阪も他所と同様魅力はありますが、どうしても東京と比べてしまいます。いやむしろ大阪が比べて欲しがっているような気さえするのです。「東京には負けないぜ、負けてないぜ。どうだ、大阪はすごいんだぜ」という言動や雰囲気があるのですが、だからこそ比較されて「やっぱり東京ってすごいんだ」という再確認に落ち着いているのではないかと思うわけです。

 

No.2 ドライバ-のような地位はぶん投げて、天上天下唯我独尊の存在としてモノづくりやイベントを行うべきだと思っています。「東京にあるから大阪にも」とか「東京で(オリンピックを)やったから大阪でも(万博を)やる」といったような、東京追従型では大阪の特色が消えてしまいます。特に増加し続ける外国人観光客の関心は下がるでしょう。東京ほど都会ではないし、地方ほど日本的なアイコンがあるわけでもないし、中途半端に感じます。なのでワタシも大阪へ行く頻度は低くなってしまいました。

 

学生時代に友人から「大阪の人ってヤクザ商人お笑い芸人かなんだろ?」と言われて驚くとともに妙に納得してしまいました。昔はそれほど特徴的でアクが強くアヤシイ感じが特徴であり魅力だったのですが、今ではその名残がところどころ残るばかりで全体的に平均化してしまい、まるで「改心して普通の人になった元ヤン」みたい。面白味は薄れました。

 

このまま存在感が下降していくのでしょうか?いやいや、それを「大阪のオバチャン」が許すはずがありません。今後どう変えていくのか、その方策が知りたくて仕方ありません。少なくとも一発屋万博開催は屁のツッパリにもならないでしょうから、ここはひとつ、大阪らしいエッジの効いた街づくり政策を期待しておきます。

 

 

次回はお出かけのため一回休み、 3/28 にアップの予定です。

 

 

ではまた。